貿易事務に必要な力|英語や中国語などの語学能力を活かして貿易事務に就こう
ロゴ

高い能力が必要になる貿易事務で大切なこと

貿易事務に必要な力

スーツの人達

高い語学能力

貿易事務では高い語学能力が必要です。実用英語技能検定の1級以上やTOEICの600点以上の能力が必要とされます。

通関士の取得が有利

輸入された商品は通関手配を行なうので、通関士の資格を持っていると貿易事務の職に就くために有利になるとされています。

貿易実務検定試験

民間が実施している貿易実務検定試験という貿易に関する知識を判定する検定試験があります。貿易事務を目指す方は是非受けてみましょう。

外国為替や法律の知識

その他にも、外国為替や法律の知識、経済情勢を知っていると職業上便利になります。貿易事務を目指す方は、そこにも視野を広げておくと就職活動に有利になります。

様々な能力が必要

貿易事務には多彩な能力が必要になります。そのため、たくさんの知識や経験を得られる仕事でもあるので、ぜひ求人で見かけるようであれば目指してみましょう。

貿易事務の職に就くために

貿易事務に転職するには?

現在就いている仕事に国内外問わず発注業務があれば経験することをお勧めします。商品の流れが分かれば貿易事務に知識としてそのまま活かすことができます。

貿易事務の仕事は増える?

間違いなく増えるとされています。日本は特に内需が厳しい土地柄なので、まだまだ海外との取引が増えていくと予想されています。

広告募集中