輸出入に関する処理|英語や中国語などの語学能力を活かして貿易事務に就こう
ロゴ

海外と国内を行き来する商品に携わる貿易事務

国内外の間で働く

貿易事務は輸出入される商品の間に入って事務処理を行ないます。貿易事務とはどんな仕事なのかをQ&Aで探っていきましょう。

貿易事務の仕事について

英語はできた方が良い?

書類などはほとんど英語で記載されています。英語が苦手であれば解読までにも時間がかかってしまいます。しかし、高度な英語の能力は必要ありません。最低限の英語力とビジネス英語を身につけて、英語でのコミュニケーションが取れるようであれば問題なく英語の貿易事務の仕事はこなせます。

未経験でもできますか?

貿易事務は専門的なスキルや経験が大事な仕事です。しかし、だからといって無理な訳ではなく、その他に貿易事務に繋がるアピールポイントや熱意があれば、未経験者でも採用する会社が多くあります。

貿易事務のやりがいは?

文化や言語も違う国との取引がほとんどです。そのためたくさんの経験を積むことや、習慣などを知る事ができます。国によって対応することが違ったりと、事務の仕事でも臨機応変な場合が多いので、そこがやりがいの1つです。

貿易会社の仕事はブランクがあっても大丈夫?

貿易事務の仕事は経験が必要とされる専門的な職業です。一度経験があるのであれば、ブランクがあってもすぐに感覚を取り戻せることでしょう。しかし、貿易の環境はすごいスピードで変化し続けています。今までの知識と、新しい環境をうまく実用することが求められます。

貿易事務に必要な資質は?

貿易事務に必要な資質は時間と仕事の管理です。海外との取引が主なので、できる限り早い事務処理が必要です。スピードの早い仕事と正確性が人材に資質として求められています。

輸出入に関する処理

英語

貿易に関わる事務作業

貿易事務は国内外での商品の取引を正確に手続きしていく仕事です。海外とのやり取りが主な業務となります。

輸出の貿易業務

国内から海外へ向けて輸出する際には、通関書類を作成して運送便を手配するまでの仕事を行ないます。輸出に関わる大半の仕事です。

輸入の貿易業務

海外から国内へ送られた商品の受け入れ態勢を貿易事務が行ないます。関税や消費税の納付と商品が納入管理した際に発生する処理を行ないます。

広告募集中